施工例

*参考価格は写真の墓地価格ではなく、お客様の今後の墓地計画に役立てていただくための参考価格です。
石の種類や墓地の敷地面積、サイズなどでかなり変わってきますので、この参考価格を基準に計画して、図面や見積もりなどで検討していただきたいと思います。

>>過去の施工例はこちら

洋型

施工例 完成日 2013年5月
場所 葛巻町
石種 本体−インド産中間色
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 親への感謝、離れているからこそ感じる想い、それは年月の経過に関係なく湧き出してきた親孝行の気持ち、そんな施主様の想いがかたちになった。お洒落で落ち着いたフォルムそして、色・艶。外柵を岩手の石にすることで故郷への繋がりを感じる事が出来ます。
施工例 完成日 2012年12月
場所 宮城県石巻市
石種 本体−インド産黒御影石
外柵−中間色御影石
思い 施主様の拘り、それは素材、そしてかたち。何度も何度も毎日毎日、私の作ったカラ―図面の見てはペンで修正・追加。その作業は本当に楽しそうだったと施主様の奥さんが話してくれました。楽しくお墓をつくる、そんなお墓なら間違いない。私も確信しました。完成した時の笑顔は安心よりも喜びが強かったかな?童心に帰った子供のように・・・
施工例 完成日 2012年12月
場所 宮城県石巻市
石種 本体−インド産中間色
外柵−白御影石
思い シンプルで地震に強い洋型が良いね、ただ一言墓石に「旅へ」と掘って欲しい、それが施主様の熱い想い。明るく綺麗なお墓。「旅へ」の言葉は施主様ご夫婦の広い雄大な気持ちの表れ、広い空・広い海、人生を旅してきた御夫婦へ送られた安らぎの言葉、そして空間になりました。
施工例 完成日 2010年9月
場所 九戸村
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 御兄弟で隣に安心して眠りたいという想い。地震が気になるし・・・。そこで洋型を選択。もちろん岩手県産姫神小桜を気に行って頂きました。桜が咲く春、そんな嬉しい季節を何よりも待ち続ける県北の人たちには、年中お墓に咲く姫神小桜の墓石に暖かさを感じるはずです。


デザイン型

施工例 完成日 2013年7月 (*2013年9月2日ブログ掲載)
場所 宮古市
石種 本体−インパラブルー
外柵−白御影石
思い その言葉は家族のイメージ、「和」。楽しく笑い声が絶えないその家族の言葉は繋げるキーワード、まわりの人たちも自然に集まるそんな「和」、家族の想いはたくさんの物語を1文字に凝縮しました。ブルーの結晶が明るく輝くこの石に沢山の想いをのせて、これからも明るく・楽しく進む。モダンでお洒落な墓地、家族の笑顔が浮かびます。
施工例
施工例
完成日 2013年6月 (*2013年6月7日ブログ掲載)
場所 岩泉町
石種 本体−インパラブルー(アフリカ)
外柵−白御影石
思い 「一期一会」大好きな言葉でした、誰にも優しく、出会いを大切にし、強い大きな人でした。ひとつの言葉が物語をかたり、ひとつの言葉がかたちを作りだす。明るくどっしりとしたそのお墓はその人ですね。お孫さんが墓地に座った、その景色は優しく包み込まれ、だっこされているようにも見えます。デザイン墓石の表現力はかたちを変え・表情をかえ、伝え続けます。
施工例
施工例
施工例
完成日 2012年6月 (*2012年8月25日ブログ掲載)
場所 宮城県石巻市
石種 本体−バハスレッド(スゥェーデン)
外柵−バハスレッド(スゥェ−デン)
思い それはあの3・11、奥様を津波で亡くされた施主様。その想いをかたちにすることの難しさに悩みました。奥様が大好きだった「桜」、奥様らしい「色」、皆が集まれる「場所」、夫婦二人三脚で生きてきた「絆」それらのキーワードから出来上がったこの「想いのかたち」それは暖かくそしてホッとする、前へ進めと示してくれそうな墓地に・・・完成した日は施主様の誕生日でした。「こんな素晴らしい誕生日プレゼント・・・」私と施主様は完成した墓地を見つめ続けました。
施工例 完成日 2011年7月 (*2011年10月18日ブログ掲載)
場所 田野畑村
石種 本体−インパラブルー
外柵−白御影石
思い 数々の墓地を見て回り自分の頭の中に出来たお墓のイメージを構築させてから御来店していただいた施主様。こだわりのデザイン墓石はアーチのような後光のイメージ、そして青く輝くインパラブルーの石、奇跡的に青の結晶が多くて私も驚き、フロアを広く、物上げ兼ベンチを設置した外柵は抜群のバランスでした。ホッとする安らぎの空間です。


五輪塔

施工例 完成日 2013年12月
場所 大槌町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 岩手の石で作った「古代型五輪塔」に今までの想いをのせ、今後を託したいと施主様。まずはご先祖様からです。あの3・11で甚大な大槌町で津波の被害になった施主様の想い。前向きに進む気持ちをこの墓地の整備、ご先祖様への感謝の気持ちからスタートさせたい、その想いは「桜」の石・「春」の石が見守り、語っていきます。
施工例 完成日 2013年10月 (*2013年11月21日ブログ掲載)
場所 盛岡市
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 古い石も沢山あって、どんなにまとめて行ったらわからない?でも岩手の石、五輪塔の話を聞いたらなんか安心しました、と施主様。お墓を整備し綺麗にすることで自分自身の心も落ち着くんじゃないかな、そんな想いがかたちづくったお墓。予算は少し超えましたが納得の素材そしてデザインに大満足していただきました。ただ建てるではなく想いをかたちにし、安心していただくことがこの仕事の意味。
施工例 完成日 2013年9月
場所 葛巻町
石種 本体−
外柵−白御影石
思い リフォームして綺麗にしたいと思っていましたが、なかなかきっかけがなくて、と施主様。五輪塔はそのまま綺麗に掃除して生まれ変わりました。使いやすくお洒落な外柵に物入れ台を追加。気になっていたことが解決するとほっとしますねの笑顔に私も安心いたしました。
施工例 完成日 2012年11月
場所 二戸市
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 旦那様への想いがこの石、このデザインへと姿を変えました。ホームページを見たり、他の墓地を見たりと勉強なさっての御来店。何度も何度も打合せしているうちにその想いはひとつになりました。その答えは、五輪塔・姫神小桜。その魅力は、逆に私が教えられたようなそんな強い想いが決断の力になったようです。輝く明るい桜の光、施主様を包み込むように・・・
施工例 完成日 2012年6月
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−白御影石
思い そこには御先祖様への想い、これからの家族の繋がりへの想いがありました。お墓の事・ご先祖様の事・石の事、沢山勉強していただきました。施主様の出した結論は「古代型五輪塔」。なぜかスッキリ、ホッとしたと施主様ご夫婦。自分達の役割を果たしたそんな安心の笑顔でした。
施工例 完成日 2012年6月
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−白御影石
思い 「オヤジが石を建てた、今度は私が整備する番だ。」と施主様、五輪塔を軸にあっさりシンプルでいて、お洒落なお墓にしたいという想い。年代を超えて整備し続けるその想いは次の時代へと引き継がれることでしょう。
施工例 完成日 2012年5月 (*2012年6月6日ブログ掲載)
場所 山田町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−白御影石
思い 娘さんへの想いそれは私が想像すら出来ない想いでした。歴史も古く改修・整理に悩んでいた施主様ご夫婦、全ては五輪塔が解決してくれました。もちろん岩手県産姫神小桜で。娘さんへの想いは観音様へ託しました、墓地へ向かいと観音様へ「来たよ〜」の一言が旦那さんの楽しみに、それは娘さんへ声をかけるように・・・
施工例 完成日 2011年6月 (*2011年9月8日ブログ掲載)
場所 青森県むつ市
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い ホームページを見て、日本の石・岩手の石、「姫神小桜」を気に入り、問い合わせを頂きました。亡き娘さんのお墓を建ててあげたい、先祖代々も必要かな?そんな沢山の想いの中から、五輪塔を軸にしたお墓づくりを提案。シンプルで落ち着いた安らぎの空間になりました。
施工例 完成日 2011年5月
場所 葛巻町
石種 本体−インド産白御影石
外柵−白御影石
思い 日本の文化「お墓」その中でも古くから伝えられ東の横綱と言われる「五輪塔」、古代型五輪塔を復元したこのカタチには一際輝くオーラのようなものが。お釈迦様の生まれたインドの硬い白御影石で上品にそして整然と。敷地面積も広いのでデザイン外柵のバランスも考えました。
施工例 完成日 2010年12月
場所 葛巻町
石種 本体−黒御影石
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 黒の古代型五輪塔への想い。それは感謝とこれからの人生への決断でしょうか。どっしりと落ち着いたその墓石の表情は心落ち着く空間へと変化。外柵の岩手の石、姫神小桜の包まれたご先祖様、そして拝みに来てくれる方への使いやすさを考えた外柵、優しさと安らぎの墓地です。
施工例 完成日 2010年10月
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜(リフォーム)
思い 復元された日本最古のお墓のかたち、古代型五輪塔。施主様のようにどっしりたたずむその姿はご先祖様を守り、感謝の気持ちを表現したような。若いころ苦労されたその想いが今、感謝の気持ちへと変化し、溢れ始める。
施工例 完成日 2010年10月
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−白御影石
思い 墓石は以前からあったため、今回は納骨堂・外柵そして五輪塔の設置。墓石は墓標、納骨を目的とし、五輪塔は供養塔としての目的を持たせる。限られた敷地でしたがしっとり納め、使いやすい設計になっています。
施工例 完成日 2010年8月
場所 葛巻町
石種 本体−福島県産吾妻御影
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 是非、日本の石で建てたいと施主様からの熱い思い。 東北NO1と言ってもいいでしょうか?(私自身・・・) 福島の銘石「吾妻御影」。なかなか貴重な糠目の綺麗な石にほっとする表情と五輪塔の存在感。日本人だから日本の石。施主様に教えられたような気がします。
施工例 完成日 2010年6月
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜(リフォーム)
思い 日本古来のお墓のかたち、五輪塔。古代型五輪塔を復元し、岩手県産姫神小桜で施工。供養塔として、納骨の墓標として、2つの意味を持たせた、「合祀」のかたち。古いご先祖様への想いが伝わります。


石塔

施工例 完成日 2013年6月
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 使いやすさとはシンプル、しかも素材の良さが全てを表現しますよね、と施主様の拘りの想い。質素と言う言葉ではなく、素材重視の使いやすさは飽きのこない、安らげる落ち着いた空間。「桜」の石、「春」の石姫神小桜は日々、色々な表情で拝みに訪れた方たちに花を咲かせます。
施工例 完成日 2013年5月 (*2013年6月12日ブログ掲載)
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 絶対国産、絶対岩手の石、拘り続けた施主様のご先祖様を大切に想い、進み続けるそんな想い。自分の存在の意味を感謝の言葉に変えて、かたちに変えて、だから岩手の石。その土地に生まれ、その土地で育ち、その土地で沢山の物語が生まれた。岩手の石に拘った理由、それは自然で当たり前のことかもしれません。
施工例 完成日 2013年5月
場所 九戸村
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−白御影石
思い その時は突然やってきた。旦那様、お父さんへの家族の想い。忘れたくない、あの会話の数々、あの優しかった笑顔。そんな思い出を想いだしていたら想いはかたちに・・・岩手の石に包まれて、故郷を想い、家族と共にこれからも歩んでいく、優しく輝く「桜」の石はいつでもスタートの春の石。
施工例 完成日 2012年11月
場所 葛巻町
石種 本体−インド産中間色
外柵−インド産中間色
思い 石は黒だと決めていたが汚れやすいからね。と施主様。艶と素材に拘って何度も来店していただきました。やはりインド産の極上の艶。横長の墓地でしたので使いやすいように設計、ベンチ兼物上げ台も気に入っていただきました。この輝きに施主様も驚きです。
施工例 完成日 2012年10月
場所 岩泉町
石種 本体−中間色御影石
外柵−中間色御影石
思い 色々な墓地を見て回ったという施主様、淡く優しい色の石で建てたいという想い、そこには施主様の優しい笑顔からにじみ出る、表情の色へも似ているような、そんな想い。シンプルでいながらお洒落、統一感を出した墓地は優しく輝きます。
施工例 完成日 2011年9月
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い デザイン性を持たせた国産の石、姫神小桜。国産にも拘りたいし、デザインもお洒落にそんな想いを込めた設計、明るく落ち着いた表情は春の石・スタートの石、姫神小桜の想い。
施工例 完成日 2011年7月
場所 葛巻町
石種 本体−中間色御影石
外柵−白御影石
思い オーソドックスなかたち、そして安定したバランス、色も本体を引き立たせるために外柵のトーンを落としてみました。ご先祖様の為にこれからの家族の為に使いやすさやシンプルで掃除のしやすさも重視しています。
施工例 完成日 2011年7月
場所 久慈市
石種 本体−緑中間色御影石
外柵−緑中間色御影石
思い 緑の石の柔らかさが気に入りましたと施主様。日本伝統の お墓にR加工の外柵、自然の緑に溶け込むような優しく 輝くお墓です。
施工例 完成日 2011年6月
場所 九戸村
石種 本体−インパラブルー
外柵−白御影石
思い ブルーの結晶が輝くアフリカの奇跡の石、私も大好きな石で光の当たり方で表情は変わる。この綺麗な石に想いを込めて、外柵を白にすることで本体はよりいっそう引き立ちます。お洒落な外柵に扉式の香呂もマッチしていますね。
施工例 完成日 2010年10月
場所 葛巻町
石種 本体−中間色御影石
外柵−中間色御影石
思い 優しい色とデザインを目指して。お墓の前に立つとホッとする石の色、そしてカタチ。オーソドックスですが安心できる、そんな墓地なのかもしれません。施主様の笑顔がお墓の色も明るくするようです。
施工例 完成日 2010年9月
場所 岩泉町
石種 本体−インド産中間色
外柵−インド産中間色
思い 明るい黒でお洒落にと施主様。硬く光沢があるインドの明るい中間色を進めました。本体・外柵と同じ石で。フロア型の使いやすさやイメージ以上の艶・明るさに満足していただきました。香呂も工夫しています、扉式は壊れやすく問題が出ていたため、交換可能な引き戸型を採用。
施工例 完成日 2010年8月
場所 葛巻町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−岩手県産姫神小桜
思い 岩手の石、姫神小桜。お墓を作るならこれにすると決めていた施主様。シンプルで明るい墓石、そしてベンチ兼物上げ台がついた使いやすい外柵にイメージ以上の完成度だったそうです。落ち着く場所、それは見栄えではなく施主様の想いから生まれてきます。
施工例 完成日 2010年8月
場所 久慈市
石種 本体−インド産黒御影石(リフォーム)
外柵−黒御影石
思い 旧山形村からの移転の墓地。高さ制限があったため、以前に使っていた立派な墓石を再加工。艶もしっかり戻りました。生まれ変わった墓石、使いやすい外柵設計に満足していただきました。石は何度でも生まれ変わります、そこには施主様の今まで大切にしてきた想いがあります。
施工例 完成日 2010年8月
場所 葛巻町
石種 本体−白御影石
外柵−白御影石
思い 予算とデザイン重視でしたが、出来上がりに大満足の施主様。白も明るい石が施主様の笑顔に反射して輝きます。派手ではないお洒落なデザインもフロアタイプの使いやすい設計になっています。
施工例 完成日 2010年6月
場所 滝沢村(現 滝沢市)
石種 本体−インド産銀河
外柵−インド産銀河
思い 展示場で一目惚れのインドの銘石銀河、淡くしっとりしたその色はきっと亡くなられた旦那様の堅実さを表現しているような凛とした表情。オーソドックスで使いやすい設計です。


石塔・五輪塔

施工例 完成日 2012年8月
場所 久慈市山形町
石種 本体−インド産黒御影石
外柵−インド産中間色石
思い 限られた敷地面積にスッポリ納めた設計。品質のいい、黒御影石への想い、そして御先祖様への感謝の気持ちが強く伝わる施主様の想い。1石五輪塔の追加で悩んでいた問題も解決。本体を引き立たせるため外柵のトーンを落としました。硬さ・艶、品質抜群のインド産です。
施工例 完成日 2012年7月
場所 山田町
石種 本体−岩手県産姫神小桜
外柵−白御影石
思い 私達の施工現場と五輪塔の魅力に共感し、施工させて頂くこととなりました。古いお墓の処理や墓地移転・お骨堀など問題に悩んでいらっしゃいました。五輪塔を知って事でホッとしてと施主様。納骨を目的とした石塔・古いご先祖様の為、供養塔の役割を持たせた五輪塔とバランスの取れた墓地、外柵は低く使いやすいフロアのかたちです。
施工例 完成日 2010年8月
場所 葛巻町
石種 本体−中間色御影石
外柵−中間色御影石
思い 1度お墓は作ったものの他業者の施工が悪く倒壊状態・・・新たに1からやり直し、戒名もちゃんと彫っていない状態でした。時間をかけて図面と石種を選択。古い家庭でしたので供養塔として1石五輪塔も設置。緑の石が軟らかさと自然に溶け込む優しい表情。施主様のホッとしたようです。これからは共の守っていきましょうね。
施工例 完成日 2010年7月
場所 岩泉町
石種 本体−インド産中間色
外柵−インド産中間色・白御影石
思い 代々伝わってきた家庭、そして家族。施主様の繋がりを大切にし、これからへ向かう想いをお聞きし、蓮華を選択、そして1石五輪塔。モダンな配色に本体を浮き立たせる効果が。黒を使用していますが明るさと落ち着いた墓地に施主様の優しさも浮かびでます。


記念碑

記念碑
記念碑
完成日 2008年3月
場所 葛巻町
石種 本体−インド産黒御影石
外柵−インド産黒御影石
思い 小さな町の小さな小学校は129年の歴史を刻み閉校してしまいました。沢山の思い出が浮かび上がるこの空間。記念碑はその物語全てを語り、沢山の想いを繋げ続ける。校歌や言葉が掘られた記念碑、私からのサプライズは在校生の手形。卒業生680名の夢と物語を刻み、蝶のように羽ばたいていくようなそんなイメージ。源流のように輝きたたずむ、みんなの笑顔が思い出され、元気な声が今でも聞こえてくるような・・・


付属品・収納

施工例 完成日 2010年7月 (*2010年7月20日ブログ掲載)
場所 岩泉町
石種 白御影石
思い 物上げ台の上にフクロウ。ちょっとしたアクセントですが、墓地を明るく、墓地にきてくれたかたへも「福」が来るようにと施主様の優しさが感じられます。

有限会社石のヤマカタ

Copyright (C) 石のヤマカタ. All rights reserved.